Diferencia entre revisiones de «Ōshima (Ehime)»

4111 bytes eliminados ,  hace 14 años
m
sin resumen de edición
(Translated from japanese Wiki)
 
m
Tiene una superficie de 41,89 km². Estaba dividida entre los pueblos de [[Yoshiumi (Ehime)|Yoshiumi]] y [[Miyakubo (Ehime)|Miyakubo]] del [[Distrito de Ochi (Ehime)|Distrito de Ochi]], pero el 16 de enero de 2005 fueron absorbidas junto a otras localidades del mismo Distrito por la [[Imabari (Ehime)|Ciudad de Imabari]], pasando a formar parte de esta última la totalidad de la isla.
 
El monte principal es el {{nihongo|Monte Kiro|亀老山|Kirō-san}}, desde el cual se puede apreciar el [[Estrecho de Kurushima]]. Algunas islas menores que la rodean son la {{nihongo|Isla de Tsu|津島|Tsu-shima}}, {{nihongo|Isla U|鵜島|U-shima}}, {{nihongo|Isla Mushi|武志島|Mushi-jima}} e {{nihongo|Isla No|能島|No-shima}}.
<!--
 
A comparación de otras islas del Archipiélago de Geiyo, es una isla con muchas zonas llanas, razón por la cual también hay cultivos de [[arroz]].
== 自然 ==
* 山 - [[亀老山]](きろうさん)、八幡山
** 亀老山からの[[来島海峡]]の眺望は名高い。[[来島海峡大橋]]が眼下に見渡せる。暮れなずむ瀬戸内海の眺望。
* 属島 - [[津島 (今治市)|津島]]、[[鵜島 (今治市)|鵜島]]、[[武志島]] [[能島]]など
** 近くの島々との海峡は潮流も急で、特に[[四国]]との間の来島海峡は急潮として知られる。
* 芸予諸島の島の中では、例外的に平地にも恵まれ、旧[[吉海町]]の中心部近くでは水田耕作も行われている。
 
Dada su cercanía con la Ciudad de Imabari, son muchos los habitantes de la isla que trabajan o estudian allí.
== 社会 ==
*今治市中心部に近いことから、今治の通勤圏となっている。
島の北東部の宮窪地域は、中世に瀬戸内海を舞台として縦横に活躍した村上水軍(能島村上水軍)が本拠をおき、水軍遺跡や言い伝えも多数ある。これにちなみ、宮窪港を会場に村上水軍にちなんだ水軍レースなどのイベントが毎年7月に開催され、多くの人でにぎわう。特産品には大島石等がある。
== 産業 ==
=== 第一次産業 ===
*農業 [[柑橘]] 名駒みかんは有名。
*水産業 宮窪港ほか
===第二次産業===
*[[造船業]](島内に造船所、旧・吉海町)
*[[石材業]]([[大島石]]の産地として知られる、旧・宮窪町)
*縫製業
 
Entre las actividades económicas se destacan los cultivos de [[cítrico]]s, principalmente [[mikan]], los [[astillero]]s y la extracción de [[Ooshima-ishi]].
===第三次産業===
*特に記すべきものなし。
 
Está comunicada con la [[Isla Hakata]] por medio del {{nihongo|Gran Puente de Hakata-Ooshima|伯方・大島大橋|Hakata-Ooshima Oohashi}} y con la [[Isla de Shikoku]] por medio del {{nihongo|Gran Puente del Estrecho de Kurushima|来島海峡大橋|Kurushima-kaikyō Oohashi}}, ambos forman parte de la [[Autovía de Nishiseto]]. La Isla Oo cuenta con dos intercambiadores, el {{nihongo|Intercambiador Ooshima-Kita|大島北インターチェンジ|Ooshima-Kita Intāchenji}} y el {{nihongo|Intercambiador Ooshima-Minami|大島南インターチェンジ|Ooshima-Minami Intāchenji}}. La ruta que une ambos intercambiadores es conocida como {{nihongo|Ruta de Ooshima|大島道路|Ooshima-dōro}}.
=== 文化 ===
*[[島四国]]
 
== 交通 ==
===道路===
*[[高速道路]]
:[[本州四国連絡道路]]の1つ、しまなみ海道([[西瀬戸自動車道]])が通る島の1つであり、[[伯方・大島大橋]]で[[伯方島]]と、[[来島海峡大橋]]で[[四国|四国本土]]と結ばれている。
:島内には[[大島北インターチェンジ|大島北IC]]・[[大島南インターチェンジ|大島南IC]]の2つの[[インターチェンジ]]がある。この両インターチェンジを結ぶ道路([[大島道路]])は、2005年度末に開通予定であったが、延期となり、[[2006年]][[4月24日]]に開通した。
*[[国道]]
:[[国道317号]]
*[[都道府県道|県道]]
:[[愛媛県道49号大島環状線]]
:[[愛媛県道337号名駒友浦線]]
 
===海上交通===
*[[下田水]]港(しただみ-)
:島の西岸にあり、[[来島海峡]]に面している。[[今治港]]との間にカーフェリーがシャトル運航されている。
:しまなみ海道の橋脚下に位置し熾烈な競争を繰り広げており、「橋より安い」をキャッチフレーズとしており、島内に大きな看板がある。高校生の通学や、今治中心街への通勤客等に利用されている。
*友浦港
:島の東岸にあり、今治~[[因島]]航路が寄港している。
*宮窪港
:島の北岸にあり、隣の[[伯方島]]への航路が発着しているが、事実上両島の間にある[[鵜島]]への足である。
*吉海港
:島の西側の入り江内にある。属島の津島への航路がある。えひめ瀬戸内リゾート開発構想にもとづき愛媛県によりマリーナ等の整備が計画されたが、同構想も休止され、凍結状態となっている。
*早川港
:島の北西岸にある。かつて今治港-大三島方面の航路が寄航していた時期があった。
 
== 名所・旧跡 ==
*亀老山展望台
:亀老山の山頂にある展望台。[[来島海峡]]を眼下に見おろすことが出来る。展望台付近に駐車場有り。 
*カレイ山展望台
*[[来島海峡]]の眺望
*[[来島海峡大橋]] 
:[[冬至]]の頃、三連吊橋である[[来島海峡大橋]]の主塔の間に沈む夕日が見られる。ただし、展望公園等は用意されていないので、見るには本四道路会社の開催する特別イベントに参加する必要がある。
*[[能島]]城跡(鵜島) [[村上水軍]]の一系統である[[能島村上水軍]]の本拠地と伝えられる
*潮流体験
*長浜海水浴場
*[[道の駅よしうみいきいき館|よしうみいきいき館]]
*吉海郷土文化センター
:1989年(平成元年)にオープンした、当地特産の[[大島石]]の「硬・鋭・朴・柔」の「調和的融合」を生かした、ふるさとの文化の殿堂「石の舘」である。鮮やかな色づかいで知られる、島出身の洋画家・[[野間仁根]](のま ひとね)の絵画約80点を中心に、地元出身作家の書画、[[村上水軍]]にちなんだ出土品、[[今治藩]]主の寄進物や武具・民具などを展示している。
:同センターには吉海バラ公園が隣接している。同公園には世界各地の[[バラ]]約6,500株が植えられており、季節折々に人々の目を楽しませ、最盛期には一帯がバラの甘い香りに包まれる。
:休館日:月曜日(祝祭日の場合は翌日)、年末年始
:観覧料:一般・大学・高校生200円、中学.小学生100円。このほか各種割引制度がある。
:アクセス:[[下田水]]港(しただみこう)から車で約10分。西瀬戸自動車道(瀬戸内[[しまなみ海道]])大島南インターチェンジ・大島北インターチェンジから自動車で約5分。大島をほぼ南北に縦貫している[[国道317号]]に降りて、西方面に入る。
 
== 名産 ==
*鯛
*[[大島石]] 墓石用として有名
*みかん
 
== 関連項目 ==
*[[伯方・大島大橋]]
*[[来島海峡大橋]]
 
-->
== Véase también ==
 
4910

ediciones